ビジネスでよく使われる単語

ビジネス用語が増えている中、「モチベーション」や「エンゲージメント」などは、会社の生産性を表す用語として使われています。しかし、モチベーションとエンゲージメントの違いについてご存知でしょうか?

モチベーションとエンゲージメントの違い

モチベーション

モチベーションとは、一般的に意欲や動機づけといった意味で使われていることが多く、その人の心理的な原動力のことをいいます。例えば、ビジネスでは給料や労働条件によって、モチベーションが向上したり、低下したりします。

エンゲージメント

一方、エンゲージメントとは、会社と自分、あるいは上司と自分といった関係性を示す言葉になります。エンゲージメントが高いと、会社への愛着度や上司への信頼度が高く、離職率が低下する傾向にあります。

外国人アルバイトを採用する理由とは?人材・採用に関する情報

面接

増えている外国人労働者

近年、日本の少子高齢化は徐々に進行しており、国内の若手人材の労働人口は減っています。その為、多くの企業が外国人アルバイトを採用しているのです。厚生労働省が発表した「外国人雇用状況」の届出状況一覧によれば、2012年以降の外国人労働者は年々増加する傾向にあり、今後ますます国内の企業で採用される見込みとなっています。

外国人アルバイトが増加した背景

外国人アルバイトの数が増加した背景には、複数の要因が絡んでいると考えられています。まず、一つとして、日本の少子高齢化による労働人口の不足が挙げられます。また、数年後に東京オリンピックが控えていることから、関連施設の建築や施工による労働者のニーズが増えたというのも外国人アルバイトが増加した理由と言われています。

外国人アルバイト採用のコツ

外国人の受け入れ体制を構築する

まず、基本的なことですが、自社で外国人アルバイトを受け入れるにあたり、受け入れ体制の構築は必須条件になります。例えば、外国語が一切話せない職場だと、従業員との連携に不安を考えることも多々あります。外国人が来ても疎外感を感じずに、働ける体制を整えましょう。

文化の違いを理解する

実際に入社してもらって、仕事をしてもらうと文化の違いによる認識やズレが必ず生まれます。そんな時でも、文化の違いを理解した上で、きちんとした教育できる職場環境が望ましいです。また、疎外感を与えないためにも、専門の教育スタッフを付けるのもオススメです。

魅力的な条件の提示

外国人は日本人と異なり、労働条件は意外とシビアに見ています。同じ職業であっても条件が悪ければ、他の会社に流れることもあります。アルバイトとして雇う分でも、魅力的な条件を提示する必要があるでしょう。